Asarumanの日記帳

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ミヤコアオイ《白霜晃》の狂い咲き | TOP | スズカカンアオイ開花 >>

2018.12.03 Monday

鳥羽市離島のカンアオイ

0

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

    鳥羽市離島の変わったヒメカンアオイ

     

    葉の大きさは大きいもので長さ25.1mm、幅23.6mm(デジタルノギス計測)

    開花期は12月下旬から2月初旬の冬咲種。

     

    昨年12月下旬に開花した花です。萼筒の直径7.9mm、萼筒長さ6.2mm。

    萼筒は変わった模様をしています。

     

    口環はほとんど目立たない。

     

    花柱は口環に達しない。縦隆起は21本。

     

    子房は上位。

     

    新葉は2枚、葉縁の毛は葉先だけあり、あとはありません。

     

    現在の蕾です。12月下旬には咲くでしょう。

     

    ヒメカンアオイと一括りになっていますが、離島なので

    独自な進化をしていると考えられます。

    この島にはカントウカンアオイも自生しています。

    東海湖があった時代にカントウと共に伊勢地方から

    侵入したのではないでしょうか。

     

     

     

     

     


    2019.02.25 Monday

    スポンサーサイト

    0

      16:23 | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      ▲top