Asarumanの日記帳

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< キワカンアオイの多花性 | TOP | モエギカンアオイの開花 >>

2017.11.01 Wednesday

三重県産新種カンアオイ?

0

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    新種と思われるカンアオイは最初クキカンアオイと思っていましたが、

    花を解剖してみるとクキカンアオイとは違うことがわかりました。開花期は10月から11月で

    同じです。

     

    左の写真列が新種?、右がクキカンアオイ(仮称)です。

    クキカンアオイ自生地と直線距離で※kmほど離れています。共に地質は同じ。

    新種と思われるカンアオイの蕾はクキカンアオイとは違い細長い

    龍門山蕾クキ 蕾

     

    蕚裂辺は新種と思われるものは狭三角形で、クキカンアオイは広三角形である。

    共に蕚裂辺上には多細胞の毛が密集している。

    龍 正面クキ

     

    新種と思われるカンアオイは首が大きく括れ、蕚筒が長い。

    龍 横クキ

     

    クキカンアオイは花柱が口環まで達するが、新種と思われるものは遥か下位である。

    龍 カット

     

    クキカンアオイは縦隆起線が9〜15に対して、左のものは7〜11である。

    クキ

     

    蕚辺上の繊毛の違い

    龍門山クキ

     

     


    2018.12.14 Friday

    スポンサーサイト

    0

      09:07 | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      ▲top