Asarumanの日記帳

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.01 Wednesday

三重県産新種カンアオイ?

0

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

    新種と思われるカンアオイは最初クキカンアオイと思っていましたが、

    花を解剖してみるとクキカンアオイとは違うことがわかりました。開花期は10月から11月で

    同じです。

     

    左の写真列が新種?、右がクキカンアオイ(仮称)です。

    クキカンアオイ自生地と直線距離で12kmほど離れています。共に地質は同じ。

    新種と思われるカンアオイの蕾はクキカンアオイとは違い細長い

    龍門山蕾クキ 蕾

     

    蕚裂辺は新種と思われるものは狭三角形で、クキカンアオイは広三角形である。

    共に蕚裂辺上には多細胞の毛が密集している。

    龍 正面クキ

     

    新種と思われるカンアオイは首が大きく括れ、蕚筒が長い。

    龍 横クキ

     

    クキカンアオイは花柱が口環まで達するが、新種と思われるものは遥か下位である。

    龍 カット

     

    クキカンアオイは縦隆起線が9〜15に対して、左のものは7〜11である。

    クキ

     

    蕚辺上の繊毛の違い

    龍門山クキ

     

     


    2017.07.18 Tuesday

    キワカンアオイの多花性

    0

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

      キワカンアオイは株によって変な咲き方をします。

       

      葉が1枚で花芽が三個付いて、多花性と表現しましょうか。

      開花しましたら順次ブログでUPします。

       

      画像をクリックしますと大きくなりますので、じっくりと

      ご覧ください。

       

      この株の葉の大きさは幅57mm、長さ81mm。

       

      次にキワカンアオイのウルミ花が咲いていました。

       

       


      2017.07.06 Thursday

      ウマノスズクサ フィンブリアタ

      0

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

        南米産ウマノスズクサ科

        アリストロキア フィンブリアタが開花しました。

        南米産ウマノスズクサは何とも花がグロテスク

         

         

        下の写真は日本産タンザワウマノスズクサです。

        花期は5-6月

         

        葉は亀甲模様で結構綺麗。

         

        花が咲き出しますと一葉一花で次々と咲きます。

         

         

        つぼみの状態

         

         

         

         


        2017.07.05 Wednesday

        大武山細辛の開花

        0

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

           

          大武山細辛(台湾産)が開花しました。

           

          草友から頂いた台湾産カンアオイ

          萼筒の直径は13mm

          7月4日の様子

           

           

          花の直径は28mm

          7月5日

           

          葉の大きさは一番大きい葉で長さ128mm、幅78mm。

           

             6月14日の蕾

           

          栽培が良かったのか、5年前の葉がまだ残っています。


          2017.06.30 Friday

          蟻の種まき

          0

            JUGEMテーマ:花のある暮らし

            オオハンゲ蟻さんの種まき

             

            昨日、棚場を見ているとオオハンゲの葉上に蟻が集っています。

            よくよく見ましたら蟻が種子をせっせと運んでいます。

            オオハンゲは古くから栽培していますが、初めて見る

            光景でしたのでビックリです。

             

            カンアオイでは種子に付いているエライオソーム目当てで

            種子を運んでくれる事はよく知られていますが、オオハンゲでは

            初めて見ました。

             

            蟻の何倍もある種子をせっせと運んでいました。

            来年には実生が庭から発芽するかも!!

             

             

            蟻が運んでいた上の写真の白色のもの。

             

            表皮を取って見ました。

            種子の幅は3.061mmで、下の薄緑色のものがエライオソーム

            しょうか?

             


            ▲top