Asarumanの日記帳

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.14 Friday

細辛・帝冠の変化花

0

    JUGEMテーマ:花のある暮らし

     

    細辛・帝冠に変わった花が咲きました。

     

    左端の花です。

     

     

    開花した花の中から蕾があります。

    咲いた花には花柱が5個しかありません。

     

    偶然ですが蕾の写真が撮ってありました。

    花の左側が見にくいですが、この時点で若干大きくなっています。

     

     


    2018.12.13 Thursday

    イワタカンアオイ花の毛

    0

      JUGEMテーマ:花のある暮らし

       

      イワタカンアオイの特徴である、萼片上・萼筒内隆起の

      毛を見てみましょう。

      萼片上に長い毛が密集しています。

      500倍で見てみます。

      太さ0.0.34mm〜0.039mm、長さ0.159mm〜0.312mm。

      枝分かれしているものも多い。

      次に萼筒内の隆起の毛も見てみましょう。

      太さは0.032mm〜0.037mm、長さは0.099mm〜0.231mm。

       

       


      2018.12.07 Friday

      クシモトカンアオイが咲きました。

      0

        JUGEMテーマ:花のある暮らし

         

        クシモトカンアオイの開花

         

        開花期 11月下旬から2月初旬

        産地  和歌山県南部

        学名  無し

         

        12月5日に咲き始めました。

         

        他の株 2〜3日後に咲くでしょう。

         

        以前咲いた花の分解です。

        口環は内側に向き、萼筒内部の壁と隆起は乳白色です。

         

        何故、このように特徴あるカンアオイに学名がないのでしょうか?

        四国に自生しているモモイロカンアオイと同種ということでしょうか?

        開花期は少しずれていると思いますが

         

         

         


        2018.12.05 Wednesday

        スズカカンアオイ開花

        0

          JUGEMテーマ:花のある暮らし

           

          スズカカンアオイが咲きだしました。

           

          昨日、棚場を見ましたらスズカカンアオイ亀甲葉に

          開花していました。

           

           

           

          素心も二三日後に咲くと思われます。

           

           

           

          普通、植物は同じ科であれば開花時期は同じ時期なのに

          カンアオイ属は種類によって年中咲くのでしょうか?

          不思議な植物ですね。

           

           


          2018.12.03 Monday

          鳥羽市離島のカンアオイ

          0

            JUGEMテーマ:花のある暮らし

             

            鳥羽市離島の変わったヒメカンアオイ

             

            葉の大きさは大きいもので長さ25.1mm、幅23.6mm(デジタルノギス計測)

            開花期は12月下旬から2月初旬の冬咲種。

             

            昨年12月下旬に開花した花です。萼筒の直径7.9mm、萼筒長さ6.2mm。

            萼筒は変わった模様をしています。

             

            口環はほとんど目立たない。

             

            花柱は口環に達しない。縦隆起は21本。

             

            子房は上位。

             

            新葉は2枚、葉縁の毛は葉先だけあり、あとはありません。

             

            現在の蕾です。12月下旬には咲くでしょう。

             

            ヒメカンアオイと一括りになっていますが、離島なので

            独自な進化をしていると考えられます。

            この島にはカントウカンアオイも自生しています。

            東海湖があった時代にカントウと共に伊勢地方から

            侵入したのではないでしょうか。

             

             

             

             

             


            ▲top